血糖値ががってしまう甘いもの

甘いものを食べる事で血糖値が高騰するため、膵臓からインスリンが分泌されます。

そんな訳で真っ先に出てくる悪いところが肥満です。

甘いものをよく食べるようになると糖質の摂取量が増加し、体内のブドウ糖の量も増大していくため、血糖値が高騰します。

太るきっかけはカロリーオーバーだと思って、食事を抜いてでも甘いものを食べて量をすり合わせしているという人もいるのですが、本当は肥満はカロリーだけではないのです。

ブドウ糖の量が更に増大し、血糖値が上がる、インスリンが分泌されエネルギーとして利用しきれなかったブドウ糖を脂肪という形でため込む。

血糖値も係りしています。

この様子を反復する事で体内の脂肪が増大していき、肥満というステータスになってしまうのです。

そんな訳で甘いものを食べ続けたと腹積もりてみて下さい。

このインスリンは俗には血糖値を下げる働きがあるという事で知られていますが、はたまた、エネルギーとして利用しきれなかったブドウ糖を脂肪という形でため込むという働きもあるのです。

なんとなく「甘いものを豊富に食べると太る」という事はわかっていると考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です